働く女性へおススメドラマ3選

毎日忙しく働いていると一日があっという間。

仕事に家事に育児。本当に女性は忙しいですよね。

仕事で疲れた夜、うまくいかなくて悩んでいる時、子どもを寝かしつけやっと訪れた自分だけの時間、ドラマを観て一息つきませんか?

頑張っている主人公に背中を押されたり、ドキドキハラハラの展開に胸躍らせたり、続きが観たいから明日も頑張ろう。そんなドラマを教えます!

 

1、『マダム・セクレタリー』

出典:https://tv.foxjapan.com/fox/program/index/prgm_id/21702

製作総指揮:バーバラ・ホール・モーガン・フリーマン

出演:ティア・レオーニ

2019年4月3日夜10時~ FOXチャンネルでスタート

 

主人公のエリザベスが、米国国務長官として活躍する姿を描く本格ヒューマン・ドラマ。

元CIAのエリート分析官で、大学教授として働き、同じく大学教授の夫とともに3人の子どもを育てる母親でもあります。

そんな彼女がある日突然、CIAの元上司である現大統領から国務長官に指名され、”マダム・セクレタリー”として働くことになりました。政治経験のない彼女に、複雑な課題が次から次へとのしかかるが、彼女の持ち前の正義感と強い信念で進んでいく姿に、同じ女性として勇気をもらえるでしょう。

 

政治情勢を色濃く描いた内容で見応えがあり、主人公エリザベスが飾らず嫌味のないとても魅力的なキャラクターなので、堅くなりすぎず、気軽に楽しめる異色の政治ドラマです。

なんとあのオバマ大統領の下で国務長官を務めたヒラリー・クリントンも夫妻でこのドラマのファンで絶賛しているとか。

 

アメリカでは大人気でシーズン5を放送中ですが、日本ではFOXチャンネルが4月3日夜10時から独占放送スタートします。

週の真ん中水曜日、夜10時からの自分時間にハマるドラマです。楽しみですね!

 

2、『ビッグ・リトル・ライズ』

出典:https://www.amazon.co.jp/gp/video/detail/B06X1D94F9

監督:ジャン=マルク・ヴァレ

脚本、製作総指揮:デイビッド・E・ケリー

キャスト:ニコール・キッドマン、リース・ウィザースプーン・シャイリーン・ウッドリー、ローラ・ダーン

 

舞台はカリフォルニア州モントレーの海辺の高級住宅街。立ち並ぶ豪邸、ビジネスで成功する夫、そして可愛い子どもたち、すべてが完璧に見える彼らのセレブライフ。

そんなある日、子どもたちの通う小学校で事件が起きました。殺人か?事故か? ドラマは6ヵ月前に遡りスタートします。

子どもたちのささいなトラブルをきっかけに炙り出されるウソにまみれたママたちの赤裸々な裏の顔。

子育て、不倫、DV、離婚など、夫婦間において女性が抱える悩みや秘密を超有名豪華なキャストが演じます。

 

誰が“加害者”で、誰が“被害者”なのか。

サスペンスなのだけど、セリフも映像もとてもスタイリッシュで海辺の美しさもあり、怖いというより見入ってしまう感じです。

とても丁寧な作りで映画を観ているかのような感覚になります。

女性として結婚、育児、キャリアの問題は共感できるはず。

ゴールデングローブ賞受賞したのも納得な必見のドラマです。

 

3、『セックス・アンド・ザ・シティ』

製作総指揮: マイケル・パトリック・キング、ダレン・スター、サラ・ジェシカ・パーカー

キャスト:サラ・ジェシカ・パーカー、クリスティン・デイヴィスシンシア・ニクソンキム・キャトラル

 

ニューヨークに住む独身女性4人の生活を描く有名なドラマ。

主役のキャリー・ブラッドショーは現地の新聞「ニューヨークスター」に『SEX and the CITY』というコラムを連載するコラムニスト。

ファッションをこよなく愛し、特に靴には目がない。

友達のサマンサは敏腕経営者で仕事をバリバリこなすキャリアウーマンだが、自由奔放な恋愛を楽しむあまり周りに引かれることも。

弁護士のミランダは頭が良く、毒舌。常に男性と対等な関係を求めています。

アートギャラリーに勤めるシャーロットはお嬢様で純愛主義。結婚願望が強く、王子様が現れるのを待っています。

 

バラバラに見える4人でも誰かがヘルプを求めれば飛んでいき、4人集まれば、ぺちゃくちゃおしゃべりに花が咲く。強い素敵な友情で結ばれています。

 

おしゃれでキラキラしているキャリーも仕事に恋に悩んで、友達に相談して。

そんなキャリーの姿を自分と重ねたり、教えてもらうこともあり、反面教師にすることもあり。ニューヨークにいて、自分も一緒に生活しているような感覚になります。

 

4人の本音せきららなガールズトークは観ていて爽快で、男性には見せられないエッチな内容もあり、まさに働く女性の一人時間にはもってつけのドラマです。

疲れておしゃれをすることも忘れてしまったけど、たまにはヒールを履いて颯爽と歩きたくなりますよ。

4、『POSE』

製作総指揮:ライアン・マーフィー

80年代のニューヨークを舞台に、きらびやかな“ボール・カルチャー”を通して
当時のLGBTQコミュニティを映し出す話題作です。
母親代わりの「マザー」の元に集まり、
「ハウス」と呼ばれるグループで共同生活を送るLGBTQの若者たち。
そんな彼らは毎週のようにクラブに集まり「ファッションと踊り」を競うコンテストに参加。
一番ゴージャスでクールなウォークが出来た者が勝利者となります
そんな“ボール・カルチャー”を軸に、プライドと純愛、そして夢を追いかける彼女たちの姿を描きます。

「Glee」や「アメリカン・ホラー・ストーリー」など多彩なジャンルの大ヒット作を世に送り出してきたハリウッド屈指の人気クリエイター、ライアン・マーフィーが製作総指揮を務めています。

波乱万丈な恋愛模様やライバルとの確執など、思わず引き込まれてしまう要素が散りばめられ、夢や
愛、家族をテーマにした物語は心に強く響きます。さらに、ボールルームでのきらびやかな衣装はもちろん、景気が良く勢いのある 80 年代の世相を受けたファッション、そして息を呑むようなダンス・シーンなど、ホイットニー・ヒューストン、ダイアナ・ロス、マドンナなど、当時の流行曲の BGM も楽しめます。
こちらは2019年5月13日(月曜)夜11時からFOXチャンネルでスタートします。お楽しみに。