背景の画像
30代の女性にオススメしたい転職サイト比較5選!!

30代の女性にオススメしたい転職サイト比較5選!!

2020/12/16

転職を考えた場合、転職サイトをまずチェックすると思います。
しかし、様々なサイトがあってどこに登録したらいいのかわからなく、転職の一歩を踏みこめずにいる女性もいるのではないでしょうか?
まずは自分に合った転職サイトを見つけることが転職成功への第一歩です。
20代とは違う視点で見る30代の女性におすすめの転職サイトを教えます。

 

1,転職をする前に考えるべき今後のキャリア

30代は新卒で就職をしてから10年余り経過しているのでキャリアを積み、部下を抱えている方もいるでしょう。
女性は結婚・出産といったライフイベントと重なる時期でもあります。
「30歳までに●●したい!」など、仕事でもプライベートでも目安としている年齢ではないしょうか。

30代で転職を考えるのは年齢的に遅いのでしょうか?
確かに、女性の転職者は20代が一番多く、特に20代前半の女性が増えています。
20代前半での転職は、新卒で入社後に感じるイメージとのギャップがあるようです。
それは、上司と合わなかった、働き方が合わなかったからといった会社に対するギャップや、学生の時に夢描いた社会人に対し、現実は忙しく自分の自由な時間が確保できない不満から転職を始めています。

出典・リクルートキャリア プレスリリース「若手の中途採用・転職意識の動向

対して、30代の転職は給料や待遇への不満、会社の将来の不安や、他にやってみたい仕事がある、ライフスタイルに合う仕事がしたいからといった20代までとは違ったスキルやライフプランを考えることが増えてきます。

今は終身雇用ではなく、転職が当たり前の時代になりました。
転職者に対して、飽きやすく我慢が足りない、責任感がないなどのマイナスイメージはほぼないと言っていいでしょう。
大切なのは自分の意志です。転職をする前に今後どういうキャリアをつけたいのか、どういう働き方をしたいのか、自身の人生において大切にしたいことを明白にしておきましょう。

 

1-1,現在の仕事と転職の必要性について

もし、今の会社に対し将来の不安がなく、あなたが年齢相当な経験とキャリアを積んでいるのなら、今が転職すべき時なのか熟考してください。
2020年12月現在、新型コロナウイルスの影響はまだまだ終わりが見えず、来春卒業予定の大学生の就職内定率(10月1日時点)は69.8%と、リーマンショックに続く下げ幅となっています。

雇用への影響は経済の落ち込みの後にやってくると予想され、回復傾向にあった転職市場も今後、冷え込むと予想されています。
やりたい仕事がある方はその業界の現況を考えてから行動しましょう。

この不況を乗り切る企業や強い企業は存在します。それらの企業においては転職の門を閉じることなく、募集し続けるでしょう。
30代での転職は20代のようなポテンシャル採用ではなく、経験や実績で判断されるようになります。
これからのニューノーマルの時代に求められる人材となるよう、今の場所で経験を積む方が転職に有利になる場合もあることを念頭に置きましょう。

反対に今、転職をした方がいい方もいます。
それは、コロナ禍で存続が危うい会社や労働基準法に則っていないブラック企業、現職に希望が見いだせない方、他にやりたい仕事が見つかっている方などは転職活動に入りましょう。
また、コロナ禍は企業に事業存続と社員の安全確保の両立を課しましたが、俊敏に対応できず未だ以前と変わらない働き方を強いる会社へ不信感を募らせる方も増えています。
気持ちが前を向けないようなら、今後の働きがいやキャリアにも影響するので、転職を視野に入れましょう。

 
そして、30代女性は結婚、出産といったライフイベントと重なりやすい時期です。
今が激務で、今のような働き方しかできないとなると、もう少し時間に余裕のある働き方をしたい、今の職場だと育児との両立のイメージがつかない、といった悩みも転職が解決する糸口となります。

いずれにしても、30代前半までは未経験分野でも転職のチャンスがありますが、30代後半からは専門性やマネジメント経験が問われるようになり、即戦力採用となるのでハードルが上がります。
年齢を考えると早めに行動した方がいいでしょう。

出典・女の転職type「コロナで転職意欲は変化した?

 

1-2,キャリアアップをするために

日本は女性管理職を20年までに30%に増やそうとする「202030」は結局14.8%と達成できませんでした。
(内閣府男女共同参画局令和2年7月発表『令和2年版 男女共同参画白書』より)
世界から見ても女性の参画は非常に遅れているものの、「202030」を定めた2003年の頃よりかは亀の歩みですが進み、管理職候補の女性を育成しようと企業も動いています。

そして、コロナ禍は女性に追い風となりました。
在宅勤務やオンライン会議などのリモートワークが一気に広まり、働く場所、働く時間を柔軟にし、多様な人にとって働きやすい環境が整いました。
企業は、ダイバーシティの効果が企業価値の向上に繋がることを実感し、優秀な女性人材の育成と獲得にこれからますます力を注ぐでしょう。

ぜひ転職はキャリアップするよう、専門知識やスキルを積める仕事を選ぶべきです。
これからの時代、できればどの会社でも通用するスキルや知識、コミュニケーション能力、自己管理力や自己研鑽力など、ユニバーサルスキルを身に着けられる仕事がいいでしょう。

 

2,30代 女性向けの転職サイトおすすめ5選

30代女性は20代女性とは違い、経験と実績で判断されるようになります。
転職活動の前に自分の経験と実績を洗い出しておきましょう。
そして、まず求人サイトへの無料会員登録から転職活動をスタートさせます。
ただし、求人サイトは様々あり、それぞれに特徴があります。
例えば、全業種の求人を取り扱うものもあれば、特定の業種・職種に強い特化型の求人サイトもあります。
また、スカウトサービスという、現在の自分の市場価値の算定を行い、企業側からアプローチが来るのを待つというサイトや、年収500万円以上のエグゼクティブ層とハイキャリアに特化したサービスも出てきています。
やみくもに全てに登録していると膨大な情報を読むだけで時間がかかり、非効率となるため、自分に合った求人サイトを2,3個活用することが、転職成功の秘訣です。

そこで、30代の女性向けのおすすめの転職サイトを5選ご紹介します。

 

2ー1、リクナビNext

求人数約46,000件(2020年12月現在)
転職サイトの最大手だけあり、求職者の約8割、約870万人が登録し、日本最大級の求人データベースを検索できます。
求人数が多いということは希望に沿った企業を見つける可能性が高く、2位のマイナビ転職と4倍もの差があります。
スマホのアプリも見やすく使いやすいと評判です。

出典・リクナビNext

スカウトサービスもあり、登録しておけば企業からオファーが来たり、魅力的な企業を「気になる」登録しておけば、その企業から連絡が来ることもあります。
このオファー制度は、2万社以上の利用企業や400社以上の転職エージェントから掲載求人だけでなく、非公開求人の紹介オファーも受け取ることができ、仕事をしながらの転職活動の手助けになります。

 
また、女性向けの検索フィルタが細かく設定でき、こだわり条件に「女性が活躍中」「女性管理職登用あり」「女性従業員4割以上」「育児支援・託児所あり」「子育てママ活躍中」「育児・介護休業取得実績あり」などの項目があるので、効率よく検索できます。

同じくリクルートが運営するリクルートエージェントも専門コンサルタントがサポートしており、求人数も実績もNo.1なのでおすすめです。

出典・リクナビNext

 

2-2、パソナキャリア

求人数約28,000件(2020年12月現在、非公開求人含まず)
2020年オリコン顧客満足度調査で転職エージェント第1位となった、転職エージェント。
女性の活躍支援に特化したサービスを提供する『女性活躍推進コンサルティングチーム』があり、女性の転職に数多くサポートしてきたアドバイザーが、寄り添った提案をしてくれます。
さらに、企業の女性活躍の事例や、社内環境、産休、育休明けから復帰した女性の数など、エージェントが企業から聞かないと得られないリアルな情報を教えてくれ、今のあなたのスキルや経験と、今後目指すキャリアをしっかりと考えサポートしてくれます。

これから、長く働いていきたいと考えている方や、具体的に職種が決まっており、専門的なスキルを伸ばしていきたいという方、管理職候補を目指すハイキャリア志向の方、第2新卒や理系女子向けの実績も多く、おすすめの転職エージェントです。

出典・転職エージェントの「パソナキャリア

 

2-3、ビズリーチ

スカウト型の求人サイト。
年収500万~1,000万円のハイクラスキャリアの求人に特化しており、企業やヘッドハンターからヘッドハンティングを受ける仕組みです。
登録は無料プランと有料プランがあり、有料プランは「タレント会員」月額2,980円、「ハイクラス会員」月額4,980円と設定されています。
無料プランはヘッドハンターからスカウトを待つのみ、有料プランは求人を検索、自ら応募、ヘッドハンターに相談できることができ、年収1,000万円以上と以下で月額の料金が変わります。
登録の際は審査があり、職務経歴書の提出が求められます。

他の転職サイトにはあまりない管理職や役員のポジションでの募集や、大企業や海外勤務などもあり、求人のレベルが高く、他の転職サイトとは一線を画しています。
そういったハイクラスキャリアの求人は非公開で行われることが多いので、ハイクラスキャリアの人にはおすすめです。

出典・ビズリーチ

 

2-4、doda

求人数約101,382件(2020年12月10日現在、非公開求人33,766件)
総合人材サービス大手・パーソルキャリアが運営する求人サイトで、求人数が非公開も含めて非常に多いのが特徴です。
また、掲載されている求人に自ら応募する転職サイトサービスと、エージェントサービス、スカウトサービスの3つが揃っており、全ての利用が可能です。
複数のサイトに登録する手間がなくなるので、時間がない方にはおすすめです。

エージェントサービスについては、プロのキャリアアドバイザーが条件に合う企業に応募、年収交渉までサポートしてくれます。アドバイザーが付くメリットとしては、履歴書や職務経歴書の作成にアドバイスや、自分一人では気が付かないアピールポイントを教えてくれるなどがあります。

スカウトサービスも充実していて、企業からのスカウトメールだと書類選考、面接とスムーズに進むケースが多いので、スカウトサービスも登録することをおすすめします。

女性向けの検索条件も充実しており、役立つ情報が掲載されているコンテンツ記事やQ&Aもあり、転職の悩みが解決するサイトと言えるでしょう。

出典・doda

 

2-5、リブズキャリア

求人件数1,127件
女性のキャリアップに特化した転職エージェントです。
求人件数は少ないものの、全て女性向けの求人なので安心して利用できます。
有名、大手企業の求人もあり、年収400万円以上とキャリアップしたい女性におすすめです。
女性向け転職エージェントということで、女性視線の求人検索機能が豊富で、自宅に帰る時間や保育園のお迎えの時間を逆算して退社時間から検索できたり、育児サポート検索で急なリモートOKや、育児中の役員が在籍しているか、などの検索が人気です。
求人企業も福利厚生や結婚、出産後の女性の働き方に理解のある企業が多く、女性のキャリアコンサルタントが寄り添って転職をサポートしてくれます。

首都圏の企業の求人が多く、地方の求人が少ないのが現状なので、Uターン、Iターン就職をしようとしている方は、詳細をよく確認することが必要です。

出典・リブズキャリア

 

3,30代前半or後半で変わる求められる能力

20代前半で就職をし、10年程度の経験を積んできた30代は30代前半か、後半かで求められる能力が変わってきます。

30代前半の転職は求人数も多く、未経験分野へ挑戦するチャンスもあるでしょう。
30代前半までは、社会人としての経験を積んでいるが、まだまだ柔軟性が高いと見なされるからです。
「新しいことにチャレンジしたい」という意欲を見せること、また、「これまでの経験がどのように未経験分野に活かせるか」をアピールすることで成功率が高まります。

対して、30代後半になると、経験や能力が重視されます。
特定の専門分野に長けていることや、チームのリーダーやマネージャとしての組織管理能力、部下への指導力、課題解決能力、対外交渉力など、今まで培ってきた能力や経験が問われます。
異業種への転職も、これらのスキルを活かせると求人企業に判断されれば可能です。

いずれにしても、30代は20代と違い第二新卒の新人気分で入社するのではなく、即戦力として採用されるケースが多いため、求人企業に対して「私はこの能力を活かして会社に貢献できます」とアピールすることが重要です。

 

3-1,女性におすすめの活躍できる職種

転職において、なりたい職業や、やりたい仕事が決まっていないのであれば、30代の女性の転職はこれから歩みたいキャリアとライフイベントを加味して検討しましょう。
これから先、年齢を重ねるにつれ、実績がないと転職はますます厳しくなるでしょう。
ずっと続けられる仕事や、キャリアアップが見込める仕事がおすすめです。

職種としては、キャリアを積みやすく、女性の感性を活かせる仕事、女性ならではのコミュニケーション能力を発揮できる仕事などが向いています。

 

3-1-1、営業

営業はノルマがあってきつそうという、あまり良いイメージがないかもしれませんが、コミュニケーション能力、適応力に優れている女性にこそ向いている職種です。

また、営業は取り扱う商品やサービスの現場の声も直接聞けるので勉強になることも多く、これから先、異動となっても営業の経験は強い味方となるでしょう。
もし、また転職となっても営業のスキルはどの分野でも活かすことができるので、キャリアの選択肢が広がります。

コロナ禍でリモート勤務が広がり、営業もオンラインで行うことが増えているため移動時間がなくなり、体力に自信のない女性でも遜色なく行うことができます。また、時間の融通が利く点も女性に追い風が吹いている業種と言えます。

3-1-2、企画・マーケティング

女性は洋服、メイク、音楽、家事、育児、教育、介護など、毎日の生活の中から膨大な情報を得て、その中から自分に合ったものをピックアップし、取り入れて生活しています。

実際、家庭において男性より女性に購入の決定権があります。(家庭で購入する品目について、誰の意見で商品を購買決定するかを調べたアンケートで、妻が63.3%、夫が14.3%となりました。出典:ハー・ストーリィより)

日々、アンテナを張っている女性は視野が広く、こうなったらもっと使いやすくなる、こういう商品があったら購入するなど想像力があるので、市場調査や商品企画、マーケティングに向いています。

3-1-3、ITエンジニア

全ての産業の中で、現在最も成長している業界がIT業界です。
コロナ禍によって、オンライン会議システム、宅配サービスなどデジタルツールがますます身近になり、毎日のように新たなサービスが生まれ、革新を続けています。
今後、さらに産業も拡大し、IT人材の需要も高まるでしょう。
スタートアップ企業も多く、男性との体力差も関係なく、柔軟な働き方ができる業界です。30代女性でもスキルアップ、キャリアップが叶うでしょう。
また、一定の基準を満たした人に対し、IT教育訓練講座を受講する場合に給付金を出す制度を国が設けているので、未経験でもチャレンジ可能です。

 

いかがでしたか?
30代女性は転職をする際、20代の頃とは違う視点で仕事を選ばなくてはいけません。
それには自分に合った転職サイトに登録をし、今までの仕事経験、キャリアを活かし、これからのライフイベントとキャリアプランをしっかりと描くことが、転職成功の秘訣です。

 

 

 


RECOMMEND

復職を考えている主婦におすすめの資格TOP10 !これさえ抑えておけば大丈夫

復職を考えている主婦におすすめの資格TOP10 !これさえ抑えておけば大丈夫

2021/4/15

結婚や出産、または夫の転勤をきっかけに主婦となったものの、子どもの成長に伴い時間の余裕が出てきますよね。 周りの働く女性を見ると気持ちが焦り、「私だってまだまだ働ける」と心を引き締める方も多いと思います。 しかし、復職し […]

30代の女性にオススメしたい転職サイト比較5選!!

30代の女性にオススメしたい転職サイト比較5選!!

2020/12/16

転職を考えた場合、転職サイトをまずチェックすると思います。 しかし、様々なサイトがあってどこに登録したらいいのかわからなく、転職の一歩を踏みこめずにいる女性もいるのではないでしょうか? まずは自分に合った転職サイトを見つ […]

女性活躍推進法とは?女性活躍とキャリアを考える

女性活躍推進法とは?女性活躍とキャリアを考える

2020/11/2

働く女性は確実に増えています。 25歳~29歳の女性の就業率は35年前の50%程度に対し、今は85%以上の女性が就業しています。 しかし、未だに女性管理職は増えず、9月に発足した菅政権の女性閣僚は2人だけ。 いつになった […]

コロナ禍での転職はココに注意!

コロナ禍での転職はココに注意!

2020/9/23

「コロナ禍で会社の業績が良くなく、先行きが不安だ」 「未だリモートワークができずにいる会社が不安でしかない」 新型コロナがきっかけとなり、新しい働き方へとうまくシフトできた会社と、従来通りのやり方しかできず先細りしている […]

育休中にするバイトの注意点とおすすめの副業5選

育休中にするバイトの注意点とおすすめの副業5選

2020/9/8

育休中の収入に不安があり、少しでいいから家計の足しにバイトをしたいと希望する方が増えてきています。 しかし、赤ちゃんがいるのにどんなバイトができるのかしら? そもそも、会社を育休で休んでいるのだから、他で働いていいのかし […]

ウィズコロナの時代にうまく復職する方法

ウィズコロナの時代にうまく復職する方法

2020/8/12

  私たちの生活をガラッと変えたコロナ禍。 常に感染することの不安を抱えながら、新しい生活様式への移行でストレスと疲れが蓄積されています。 この状況の中、出産休暇や育児休暇、体調不良等からの復職を予定されている […]